フォローとシェアをお願いします(*´∇`*)

自動車保険は代理店型とネット通販のどちらにするべきか?

万が一のための自動車保険 保険の見直し

自動車保険はいざという時のためになくてはならないものです。

でも気になるのが保険料です。。

あんまり高いのは困りますね。

 

あなたは年間でどれぐらい保険料を払っていますか?

 

もしかすると若い人は正確な金額を把握していないかもしれませんね。

独身時代の自分がそうでしたが、高い保険料を払っていても気にしてない人が意外と多いです。

自動車の保険料だけで年間10万円近く払っている人は、

その保険が本当に自分の利用スタイルに合ったものなのか確認したほうがいいです。

年間で何万円も差が出る場合があります。

 

 参考 一番安い自動車保険がわかる!

 

まずは現在の保険料と補償内容をチェック

使用頻度の少ない人の場合、必要以上に割高な保険料を支払っているかもしれません。

利用スタイルに合わせて保険もカスタマイズするべきです。

よくあるのが最初に加入した自動車保険をなんとなく継続しているパターン。

補償内容が最初と同じという人は一度見直しをしてみることをおすすめします。

 

例えば車両保険は必ずしも必要なものではありません。

車両保険の特約を付けているとどうしても保険料が大幅に高くなってしまいます。

ぶつけない人はこの特約は外したほうがいいです。

通勤ぐらいにしか車を使わず、普通に安全確認ができる人であればほとんどぶつけることはありません。

そういう人はぶつけたとしても軽度です。

軽く凹んだとか擦ったという程度であればそもそも保険使いませんしね。

 

 

走行距離が少ない人はネット通販型のほうが得

使用頻度が少なく年間の走行距離が少ない場合はネット通販型の自動車保険にしたほうが保険料が少なくて済みます。

CMなどでも「保険料は走ったぶんだけ」と言っていますね。

この点が代理店型の自動車保険との大きな違いです。

事故を起こしてないのに高い保険料を払うのは非常にもったいないです。

ネット通販型の自動車保険を活用すれば大きな節約になります。

 

まずはどれぐらい安くなるか見積もりを取ってみることをおすすめします。

最近は便利になったもので最大20社分のお保険会社の見積もりを一括で取ることができるんです。

 

>> 自動車保険は比較で安くなる!
(3万円以上安くなる場合もあります。)

 

代理店型とネット通販型にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

使用頻度やライフスタイルなどによってケースバイケース。

なので一概にどちらがいいとは言えませんが見積もりは無料です。

保険料にどれぐらいの差があるのかを知っておいて損はないと思います。

 

 

事故が起きた時の対応の違い

車の事故 高速道路 自動車保険

代理店型かネット通販型のどちらかを選ぶ上で重要なのは事故が起きた時の対応。

どのような違いがあるかを知っておくことはとても大事です。

 

代理店型のメリットはいつでもすぐ駆けつけてくれること

安全運転に自信がある人でも時には不注意もあります。

車を頻繁に使う人や週末などに車であちこち出かける人は代理店型にしたほうがいいでしょう。

万が一事故が起こしても電話すればすぐに駆けつけてくれます。

車の事故で厄介なのは人身事故ですが、こういった場合でも間に入ってくれるので安心です。

最小限の労力で済みます。

 

 

代理店型でも注意しなければいけないこと

代理店型はいざという時に安心ですが1つだけ注意しなければいけないことがあります。

それはディーラー(車屋)が自動車保険の代理店になっている場合です。

 

ディーラーなどは車の販売がメインですので事故が起きた時に24時間体制で対応してもらえない可能性があります。

なのでこの場合は保険を専門にしている代理店に変更したほうがいいです。

同じ保険であれば支払う保険料は同じです。

代理店を変更しても金額的なデメリットはありません。

 

 

ネット通販型は電話対応のみのところが多い

万が一事故が起きてしまった場合、まずその保険会社のコールセンターに電話することになります。

基本的にネット通販型は電話対応の会社が多いです。

この点が面倒なところです。

こういった人的予算を省いている分、保険料はかなり安くなります。

 

契約前に事故時対応がどのようになっているかをしっかり調べましょう。

 

 

電話対応のみではないネット通販型自動車保険もある

最初からネット通販型でやっている自動車保険会社は意外と事故処理が充実している場合があります。

例えばソニー損保。

セコムと提携していて「セコム事故現場かけつけサービス」を利用できます。

24時間対応となっており事故処理をサポートしてくれます。

これならネット通販型でも安心です。

 

ソニー損保の場合は保険料は走行距離に応じた料金になります。

仕事で自分の車を使う人など使用頻度が多い場合は代理店型よりも高くなりますが、通勤の距離が短い人など走行距離の少ない人はかなり保険料が安くなる可能性があります。

事故時の安心を犠牲することなく年間の保険料の出費を抑えたいならソニー損保は選択肢に入ります。

 

ついでに他の保険会社と比較しつつ料金を調べてみるといいかもしれません↓

参考  無料の自動車保険一括見積もりサービス

保険の見直し
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
atsushi02-hをフォローする
ブログランキングに参加しています。
読んでくれたついでにポチッとしてくれると喜びます。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ


Monetize Press

コメント